Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amasuta.blog32.fc2.com/tb.php/230-7e4ceaab

トラックバック

ふなぴーの“厳選!クラシック白書”第4楽章 印象派の世界

こんにちは、ふなぴーです。そろそろ夏本番といったところです。
あまスタは18日に吾妻祭りでライブをします♪夏と言ったらやっぱり祭りですね!
クラシックにも「祭り」をテーマにした曲は数えきれないほどあり、代表的なところではベルリオーズの「ローマの謝肉祭」や、シューマンの「謝肉祭」など、謝肉祭関係が多いですね。
では今日はお祭り音楽特集かというと、そうではありません。
お祭りライブで大騒ぎした後は、ちょっとクールダウンして、一息つくのも大事ですよ?

少し落ち着きたいなあという気分のとき、そんなときにピッタリな音楽で盛りだくさんなのが、ご存じ印象派の音楽。
早速聴いて頂きましょう。どうぞ!

ラヴェル 水の戯れ サンソン・フランソワ(p)


題名の通り、表情豊かな「水」の様子が表されていますね。皆さんはどんな「水」の様子が思い浮かびましたか?
流れたり淀んだりする様、陽に照らされた輝きや月に照らされた光、弾ける水滴、落ちる水玉・・・想像が尽きません。
大変麗しいフランソワの演奏も、この曲のスタンダードと言って良いでしょう。

ベートーヴェンやブラームスなどの古典派・ロマン派音楽の伝統と一線を画し、新しい音楽を模索した「印象派」と分類される作曲家は、現代でも非常に高い人気を誇っています。
印象派の人気は音楽だけでなく、モネ、セザンヌ、ルノワールなどの印象派の画家は、日本でも人気ですね。
実を言うと、誰が印象派かという分類の問題は、学者でも意見の割れるところですが、とりあえずは先程聴いて頂いたラヴェル、そして同時代のドビュッシー、この2人はまあ印象派だと言いきっても問題ないでしょう。

ラヴェルとドビュッシー、この2人が共に「私は、いや、私こそが彼から影響を受けたのだ」と言い張っている、とある作曲家がいます。
印象派音楽の先駆けとも言えるサティです。ドビュッシーの曲を紹介する前に、「音楽界の異端児」サティの音楽を聴いてみてください。

サティ ジュ・トゥ・ヴ(君が欲しい) フィリップ・アントルモン(p)


あまりクラシックっぽくないですが、それもそのはず、この曲はサティがピアニストを務めていたカフェ「黒猫」のための音楽。
カフェ・ミュージックの走りですね。1900年の作品です。新しい音楽を求める者たちから尊敬を集めるのも納得できます。
アントルモンの演奏は、妙に奇をてらうこともなく、逆に退屈過ぎもせず、カフェで音楽をお茶を楽しむには最高の演奏でしょう。絶妙な所を撫でるエスプリですね。

さて、いよいよドビュッシーの出番です。彼の音楽は、ラヴェルよりもずっと描写的なのが特徴です。
自然描写や象徴主義的な作品が多いドビュッシーですが、今日紹介する曲は「詩」からインスピレーションを受けた作品です。
この連載も第4楽章まで来ましたが、この演奏は、現時点でふなぴーが最もオススメする超名演です。
「これは牧神の見る夢だ」と指揮者のプレートルは言います。まどろむようにして曲は始まり、夢の世界へと溶けていくのです。
特にちょうど6分を過ぎたあたりは要注意。とにかく、感じてください。

ジョルジュ・プレートル指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲


この曲をもう少し詳しく知りたい方は、僕のブログの記事をご覧ください。
なぜ印象派はこんなにも日本で人気なのでしょうか。日本には無いものを持っているから?それとも、日本と通じるものがあるから?
皆さんも、ぜひ多くの印象派音楽を聴いて、その美しさの秘密を探ってみてはいかがでしょうか。
まあ、そんな難しいことをしなくとも、ただまどろむように音楽を聴く、最高の幸せです。冷房の利いた部屋でね。
スポンサーサイト
blog comments powered by Disqus
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amasuta.blog32.fc2.com/tb.php/230-7e4ceaab

トラックバック

Appendix

【あまスタ新歓サイト】
あまスタに興味を持っていただいた方のために 新歓サイト を特設しました!

CHOOSE THE LANGUAGE

English        にほんご

SITE MENU

・あまスタにメール

NEXT LIVE!

Facebook

リンク

筑波大学吹奏楽団
メンバーの多くはここの現役or卒業生。年二回の演奏会、地域のショッピングセンター・幼稚園・保育園への訪問演奏等の活動をしています。

Shingo NAKAMURA
あまスタのEuph.吹き,mek.のもう一つの顔、それはProgressive House / Tranceを世界に発信するミュージッククリエイター!そんな彼の素敵な活動をチェックしてみてください!

diary.kuri_saxo
あまスタマニアックの総本山、kuri_saxoによるサックス専門マニアックブログ。プロ奏者も注目するほどの情報量!一見の価値あり!!

ボクノオンガク
次世代あまスタマニアック、ふなぴーによるクラシック音楽の紹介ブログ。厳選されたクラシックを多数紹介しています!

筑波大学 斬桐舞
YOSAKOIソーランチーム“筑波大学斬桐舞”のブログ。誰でも参加して楽しめるユニバーサルソーランを目指し、障害の有無や、老若男女、国籍、運動の得意不得意に関係なく、それぞれの個性を活かして活動中です。過去にはコラボ企画も行いました。

ちゃばんど!
女の子(?)ドラマーちゃばが率いるダントツ明るいブラスバンドです。

ツクナビ!
つくば専門の情報サイトといえばツクナビです。筑波大生の生活サポートや、お勧めのカフェ・物件紹介まで幅広い情報を取り扱っています。あまスタも紹介していただきました!

メンバー用ページ
あまスタ運営に関する諸連絡・議事録,掲示板等,内部向け(要パスワード)。

管理用

検索フォーム

あまスタTwitter



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。