Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amasuta.blog32.fc2.com/tb.php/254-fe0045d3

トラックバック

ふなぴーの“厳選!クラシック白書”第6楽章 賢者たちの音楽

お久しぶりです、ふなぴーです。
あけましておめでとうございます。今年も音楽にあふれた1年になると良いですね!

久しぶりにクラシック白書更新です。冬です、寒いです、外に出るのが辛いです……
そんなときこそ、じっくりと名曲を味わうチャンス。モニターの前で楽しんでもらえたら幸いです♪

今回取り上げるのは、こういった形の音楽です。どうぞ!

アマデウス弦楽四重奏団
モーツァルト 弦楽四重奏曲第17番「狩」から1楽章



この曲は有名ですので、耳にしたことがある方もいるかもしれませんね。モーツァルトの「狩」、聴けば心も踊るような演奏は、アマデウス弦楽四重奏団の魅力です。
「四人の賢者による対話」とも言われる弦楽四重奏(カルテット)は、僕のとっても大好きな演奏形態のひとつで、録音も生演奏もよく聴きます。
第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの4名で構成された弦楽四重奏団による音楽は、室内楽というジャンルを代表する音楽です。
今回なぜ敢えて弦楽四重奏をあまスタブログで取り上げようと思ったかというと、この音楽は「学園都市」あるいは「サイエンスシティ」を名乗る都市にこそ相応しい、と主張したかったからなのです!

アルバン・ベルク弦楽四重奏団
シューベルト 弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」から1楽章前半



映像を見ると一層そう感じますが、精密なアンサンブルは、呼吸を合わせるというより、やはり「対話」を思わせますね。
音楽というと、感性的、文芸・文系的なイメージもありますが、案外理詰めできちんと構築するのが大事だったりします。
そう、弦楽四重奏は実に厳密で理知的な音楽なのです。どっちかっていったら理系ですね。
オーケストラのような大所帯は、厳密さももちろん求められますが、ダイナミズムという要素が重要になってきます(それは良くも悪くもですが)。
オケに比べたらダイナミズムは劣りますが、その分厳密な構築を突き詰められる音楽なんですね。

そんな弦楽四重奏は、ハイドンやモーツァルトも数多く作品を残していますが、その功績が最も評価されているのはベートーヴェンです。
彼は16もの弦楽四重奏を作曲しました。彼以降はあまりメジャーなジャンルではなかったのですが、バルトークやショスタコーヴィチが、再び弦楽四重奏に光を当てたとされています。
現代ではどうかというと、どうも一部のコアなファン(僕のことだ)や現代音楽の作曲家たちは熱狂していますが、残念ながらあまり盛り上がっているとは言えません。
しかし、研究者やインテリジェンスな方々には、ぴったりなジャンルだと思いますし、歴史と伝統ある格式高い音楽ですから、セレブなマダムにもお似合いの音楽です。
このつくばから、弦楽四重奏の魅力を発信できたら良いなあ、なんて思ったりします。

あんまり現代の前衛的な曲を紹介するのもあれですから(笑)、すこーし現代寄りの、ヤナーチェクの作品を紹介しましょう。
醜い愛を描いた、非常に格好良い曲ですよ! 詳しい解説は僕のブログで。

ヘンシェル弦楽四重奏団
ヤナーチェク 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」から 1楽章



もちろん、ガチガチに理詰めだけで音楽が成り立つはずはありません。
例えば最初の動画のアマデウス弦楽四重奏団は、リーダーのブレイニンよろしく、感性の赴くままに我が道を行くような演奏が魅力です。この人たちは対話というより討論してるようです(笑)
次のアルバン・ベルク弦楽四重奏団はどうでしょう。自分の感性を上手くコントロールして、繊細でありかつ力強い、絶妙な音楽を作りだしています。感性を殺さず、上手く調和的に感性を生かすような演奏です。これこそ、対話のなせる業でしょう。

さて、サイエンスシティつくばに相応しいと言っていましたが、まああんまり「理系だ理系だ」とばかり言うと、ちょっと文句言われるかもしれません(笑)
ただ、そういう一面が強いのは本当だとは思っています。ですが、あまりガチガチの音楽だと思われるといけないので、最後にこの曲を紹介します。
賢者たちの対話は、上の動画よりはちょっと掴みにくいかもしれませんが、この上なく美しい曲の、この上ない名演です。
弦楽四重奏のこと、少しでも好きになってもらえたら嬉しいですね♪

ボロディン弦楽四重奏団
ボロディン 弦楽四重奏曲第2番から第3楽章「夜想曲」

スポンサーサイト
blog comments powered by Disqus
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amasuta.blog32.fc2.com/tb.php/254-fe0045d3

トラックバック

Appendix

【あまスタ新歓サイト】
あまスタに興味を持っていただいた方のために 新歓サイト を特設しました!

CHOOSE THE LANGUAGE

English        にほんご

SITE MENU

・あまスタにメール

NEXT LIVE!

Facebook

リンク

筑波大学吹奏楽団
メンバーの多くはここの現役or卒業生。年二回の演奏会、地域のショッピングセンター・幼稚園・保育園への訪問演奏等の活動をしています。

Shingo NAKAMURA
あまスタのEuph.吹き,mek.のもう一つの顔、それはProgressive House / Tranceを世界に発信するミュージッククリエイター!そんな彼の素敵な活動をチェックしてみてください!

diary.kuri_saxo
あまスタマニアックの総本山、kuri_saxoによるサックス専門マニアックブログ。プロ奏者も注目するほどの情報量!一見の価値あり!!

ボクノオンガク
次世代あまスタマニアック、ふなぴーによるクラシック音楽の紹介ブログ。厳選されたクラシックを多数紹介しています!

筑波大学 斬桐舞
YOSAKOIソーランチーム“筑波大学斬桐舞”のブログ。誰でも参加して楽しめるユニバーサルソーランを目指し、障害の有無や、老若男女、国籍、運動の得意不得意に関係なく、それぞれの個性を活かして活動中です。過去にはコラボ企画も行いました。

ちゃばんど!
女の子(?)ドラマーちゃばが率いるダントツ明るいブラスバンドです。

ツクナビ!
つくば専門の情報サイトといえばツクナビです。筑波大生の生活サポートや、お勧めのカフェ・物件紹介まで幅広い情報を取り扱っています。あまスタも紹介していただきました!

メンバー用ページ
あまスタ運営に関する諸連絡・議事録,掲示板等,内部向け(要パスワード)。

管理用

検索フォーム

あまスタTwitter



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。